Heroin / Heroine ?

  • 2018.06.23 Saturday
  • 16:38

heroin heroine

 

みなさん、こんにちは。

 

英雄または主人公を意味するヒーローは、英語で "hero" /híːərou/(実は男性でも

 

女性でも使える)ですが、ヒロイン(これは女性のみしか使えない)のスペリングは、

 

heroin

 

heroine

 

のどちらだと思いますか?

 

正解は、 heroine です。

 

そして、なんと発音は、/hérouən/ となって、実は麻薬のヘロインの heroin と

 

同じなのです。

 

繰り返します。

 

heroin は、麻薬のヘロインのことで、 heroine はヒロインのことになります。

 

そして、この二つの単語は同じ発音 /hérouən/ となります。

 

違いは、ヒロインの heroine は ヘロインの heroin の最後に e がつくだけです。

 

それから、英雄のヒーロー "hero" は男女共に使えることも覚えておきましょう。

 

ではまた。

 

KK

Drink medicine?

  • 2018.06.23 Saturday
  • 12:20

drink medicine

 

みなさん、こんにちは。

 

さて、この "drink medicine" という言い方を見て、どう思いましたか?

 

こうして聞かれれば、間違いだという見方をして、学校でも習った表現の

 

"take medicine" というのが思い浮かぶかもしれませんね。

 

でも、日本語では「薬を飲む」というので、思わず "drink medicine" と

 

言ってしまいがちですよね。

 

液体の水薬なら "drink medicine" と言うことはできますが、それにしても

 

普通は "take medicine" と言いますし、これは水薬にも使えます。

 

英語では "take medicine" と言うのだと思っていて間違いはありません。

 

KK

Suspicious, ...

  • 2018.06.22 Friday
  • 11:47

suspicious

 

みなさん、こんにちは。

 

今日は FORWARD の必修科目のひとつ、ALL で使用している教材 Zootpia に出てくる

 

英語についてです。

 

"Judy was writing parking tickets when she saw a fox entering Jumbeaux's Cafe."

 

主役の新任お巡りさんであるウサギの Judy が、駐車違反の切符を書いていると、

 

一匹のキツネが Jumbeaux's Cafe(ゾウが経営しているカフェ)に入っていきます。

 

そこで、

 

"Suspicious, she followed him."

 

と、続きます。

 

いきなり、形容詞の "Suspicious" で始まっていますね。。

 

以前、ポストをしたことがありますが、高校で「分詞構文」のお勉強をされたハズです。

 

文が「現在分詞 (-ing)」か「過去分詞 (p.p.)」で始まるあのケースですが、「分詞」と

 

いうのは実は「形容詞」のことなのです。

 

そして、文の始めが「現在分詞」であろうが「過去分詞」であろうが「形容詞」であろうが、

 

「誰か(何か)」がそういう状態、ここでは "Suspicious"(疑いを持った状態)だったと思

 

って先に進むと、"she followed him." (彼女は彼の後をつけた)ということになります。

 

頭の中では、「誰かが何かに疑いを持った」状態をイメージして、先に進むと「彼女は彼の後

 

をつけた」となっています。つまり、「疑いを持った彼女は彼の後をつけた」のです。

 

高校では、分詞構文を和訳して理解するために「時に、ので、ならば、だけれども、して、

 

ながら」と呪文のように覚えて、どの訳がぴったりくるのかあてはめていましたが、これは

 

英語で理解してしまうなら、こんなに簡単なことなのです。

 

高校では、さらにこのケースでは、形容詞 "Suspicious" の前に "Being" が省略されている

 

とかまで習いますが、そこまで複雑に考える必要もないのにと思います。。

 

文の始めにいきなり「形容詞」や「現在分詞」や「過去分詞」が来たら「誰か(何か)」が

 

そういう状態なのだと思って、その先に進んでみて下さい。きっと簡単に理解できますよ。

 

KK

 

Something smells delicious.

  • 2018.06.21 Thursday
  • 09:48

something smells delicious

 

みなさん、こんにちは。

 

今日のこの表現ですが、

 

"Something smells delicious."

 

以前、FORWARD の必修クラス ALL で使用していた「遠山顕の英会話の

サプリ」にあったものです。

 

日本語でも、「なんかいいにおいがする。」とか「おいしいにおいがする。」

のように言いますよね。

 

ただ、こういう表現も自分でも実際に使ってみないと、せっかくテキストで

目にしても、いつまでたっても使える表現になりません。

 

みなさんに宿題です。

 

これから数日、いいにおいがする場面を待ち受けて、是非、この表現を使って

みて下さい。

 

"Something smells delicious."

 

この表現に限らず、どこかで覚えた表現は、是非、意図的に使ってみましょう。

 

こうすることで、実際に使える言葉になります。

 

KK

vinyl bag?

  • 2018.06.11 Monday
  • 07:17

vinyl bag

 

みなさん、こんにちは。

 

今日は、「ビニール袋」についてです。

 

思わず、"vinyl bag" と言ってしまいそうですね。

 

材質として、「ビニール」は "vinyl"  /vάɪnl/ (バイナルのように聞こえる)

 

ですが、「ビニール袋」については、普通は "vinyl bag" とは呼びません。

 

一般的には、

 

"plastic bag"

 

と呼ばれます。   

 

日本語の「プラスチック」だと、もっと固い材質を想像してしまいますが、

 

英語で「ビニール袋」は "plastic bag" なのです。

 

それにしても、カタカナで使っている外来語で、英語でもそうなんだと思っ

 

てしまいそうなカタカナ英語のなんと多いことか。。

 

正しい英語を身に付けるのには、本当に迷惑ですよね。。(笑)

 

KK

歌(曲)の「サビ」の部分?

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 06:42

サビ

 

みなさん、こんにちは。

 

これも FORWARD の必修クラス Project Work のドラマとかでBGMに使う歌(曲)

 

について語っている時に、英語でどう言うのか聞かれます。

 

「この歌(曲)のサビの部分」とか言いたいようです。

 

まずはなんと!

 

chorus: the main part of a popular song

 

もちろん、

 

chorus: a large group of singers

 

というおなじみの意味もあります。

 

これを使って、

 

"chorus of the song"

 

そして、

 

hook: something that is attractive and gets people's interest and attention

 

この意味を使って、

 

"hook of the song"

 

それから、high point

 

"high point of the song"

 

とか、もちろん、climax

 

"climax of the song"

 

と言うのもありです。

 

いずれにしても、日本語の「サビ」と一語一対応になる「正解」があるわけでは

 

なく、英語だったらこう説明するといったものです。

 

以上、ご参考までに。

 

KK

Boke and Tsukkomi

  • 2018.06.04 Monday
  • 06:48

boke and tsukkomi

 

みなさん、こんにちは。

 

FORWARD の必修科目のひとつ Project Work には Drama と Power Presentation

 

のふたつがあって、特に Drama のクラスに大阪出身の人がいたりすると、必ず質問

 

されるのが、

 

"How do you say 'Boke and Tsukkomi' in English?"

 

(「ボケとツッコミ」は英語では何というのか?)

 

ということです。

 

今はこういうのはインターネットで探せばいろいろとヒットしますね。さて。。

 

そもそも「寄席」とか「ボケ」とか「ツッコミ」とか、もともと英国や米国のもの

 

ではありませんから、あちらで似たようなものを考えるのが良さそうですね。

 

まず、「寄席」はパリで始まった "Vaudeville" という大衆演芸がアメリカに渡って

 

人気になったものがあって、「ボケとツッコミ」のコンビの演芸について英語で言う

 

なら、"Vaudeville duo" とか "double act" のように言うことができそうです。

 

そして、「ボケ役」と「ツッコミ役」ということであれば、前者を "funny man" と

 

後者を "straight man" と言えば通じそうです。

 

いずれにしても、もともとが英語の世界のものではないので、「寄席」のことを言う

 

のであれば、"Japanese Vaudeville duo" とか言って説明した方が良いですね。

 

以下、ネットから拾ってきた英語での説明をご参照下さい。

 

Boke and tsukkomi mean the roles of a Japanese Vaudeville duo or a double act,

 

played by the funny man and his straight-man sidekick.

 

(ボケとツッコミとは、日本版ボードビル芸人デュオまたはダブルアクトのそれぞれの

 

役割を意味し、ボケ役と相方のツッコミ役があります)

sidekick=相方

 

今日の内容は、私もいろいろとネットで調べてまとめてみました。ご参考下さい。

 

KK

 

 

XYLITOL

  • 2018.06.03 Sunday
  • 06:37

xylitol

 

こんにちは。

 

前回は "look at" の "at" についてかなり長いポストをしましたが今日は

少し短めに。

 

今後は、読まれる方も気楽にサッと読めるポストも増やしていきたいと

思っています。

 

さて、みなさんもご存知のこのチューインガム

 

キシリトール

 

日本語では「キシリトール」と呼んでいますが、これだと多分伝わりません。

 

Ryan 先生に「ガムは欲しい?」と言うかわりに、冗談で、

 

"Do you want to chew toothpaste?"(歯磨き粉を噛みたい?)

 

と聞きました。実は私、アメリカのおみやげのミントチョコレートを初めて

 

食べた時に、あの歯磨き粉みたいな味で一気にあれが嫌いになって、それから

 

は、あのチョコレートのことを "toothpaste flavored chocolate" (歯磨き粉

 

味のチョコレート)と呼んでいます。(笑)

 

そして、Ryan にもそのことを話したことがあったので、このミント味のガム

 

が欲しいか聞くのに、この質問をしたわけです。

 

その時に、この容器を見た Ryan が、もちろん英語読みで、

 

"Oh, XYLITOL!"

 

と言ったのですが、それは「キシリトール」とは似てもつかない名前に聞こえ

 

ました。

 

XYLITOL は発音記号で書くと /záilətɔ`ːl/ で、発音記号を読めない人のために

 

カタカナで書くと、「ザイラトール」のように聞こえます。

 

どうですか?いきなり「ザイラトール」と言われたら、すぐに「キシリトール」

 

のことだと分かりませんよね?(笑)

 

また、時折、カタカナ読みとは全然違って聞こえる英単語についても、もう少し

 

短くポストしてみますね。

 

KK

look at 〜, listen to 〜

  • 2018.06.02 Saturday
  • 06:02

look at

 

みなさん、こんにちは。

 

中学で英語を勉強した時のことを思い出してみましょう。

 

look at 〜: 〜を見る

 

listen to 〜: 〜を聞く

 

のように覚えていたのではないでしょうか。

 

その一方で、

 

see (〜): (〜を)見る

 

"look" や "listen" は「自動詞」で see は「他動詞」であるところから、

 

『英⇒日』 で対応して覚えるので、こんなことをやっているわけですが、

 

"look" という動詞も "listen" という動詞も、いつも必ず "look at" とか

 

"listen to" の形で使うわけでもなく、

 

look up(上を見る)

 

listen out(注意して聞く)

 

のように、別の言い方も当然あります。

 

後者の "look up" と "listen out" の "up" と "out" の場合には文法的に

 

見れば副詞で、前者の "look at" と "listen to" の場合には前置詞(何を

 

見る/聞くの対象となる名詞の前に置かれるから前置詞)となりますが、

 

今日はこの "look at" の中に使われている "at" のイメージを感じていた

 

だきたいと思います。今後、応用が効くと思いますので。

 

さて、私がまだ高校生で駿台予備校の模擬試験を受けた時のお話しです。

 

設問に、

 

She smiled (        ) him.

 

というのがありました。

 

当時、アイドル歌手の河合奈保子さんが "Smile for Me" という歌を唄っ

 

ていて、その歌詞の中に

 

"Smile for me. Smile for you. あなたが あなたが まぶしいわ" という

 

部分がありました。

 

smile for me

 

そのことを思い出した私は、迷わずにカッコの中に "for" を入れましたが、

 

正解は "at" で、

 

She smiled at me.(彼女は私に微笑んだ)

 

だったのです。

 

少し考えれば分かったのかもしれませんが(*)かなり迂闊でしたね。(笑)

 

*河合奈保子さんの歌のケースは、It's a present for you. (これはあなたへのプレゼントです)

の "for" と同じ使い方で作詞家の先生が使われたものと思われます。

 

さてここで、"look at" の例として、例えば、

 

Look at me.(私を見て下さい)

 

これを見て、"smile at" との共通点がわかりませんか?

 

このふたつのケースの "at" には「〜を見る」「〜に微笑む」といったように

 

見たり、微笑みかけたりする「対象」のイメージがあるのです。

 

他の例も見ておくと、

 

A dog barked at me. (犬が私に吠えた)

 

So I threw a stone at the dog. (だからその犬目掛けて石を投げた)

 

のようになります。

 

ちなみに、私は大のワンちゃん好きなので、こんなことはしません。

 

また、追加説明として、

 

.疋奪促棔璽襪両豺腓砲蓮単にボールをぶつける「対象」ですから、

 

I threw the ball at him.(彼を目掛けてボールを投げた)

 

と言いますが、

 

▲ャッチボールをしている場合には、ボールを投げる「方向」なので、

 

I threw the ball to him.(彼に向けてボールを投げた)

 

となります。合わせて覚えておくと良いでしょう。

 

少し長文になりましたが、前置詞 "at" のひとつの使い方のイメージとして

 

ご参考までに。

 

KK

 

 

 

Souvenir?

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 06:25

souvenir

 

みなさん、こんにちは。

 

あれは小学校2〜3年生の時だったと思います。群馬県に住んでいた私は

 

小学校の遠足で高崎の観音山に行きました。

 

kannon

 

友達はみんな、この写真の観音様のミニチュアとかをおみやげに買ったの

 

ですが、私は公園のゴーカートが楽しくて楽しくて、もらったお小遣いを

 

全部遣ってしまったのでした。

 

「お友達はみんなおみやげを買ってきたのに!」と、

 

お母さんにものすごく怒られたことを覚えています。(笑)

 

さて、この「おみやげ」なのですが、日本人はどこかに行くと家族や知り

 

合いのために「おみやげ」を買うのが習慣になっていますが、英語では?

 

FORWARDの生徒さんたちも、旅行や出張に行くとProject Workのクラス

 

に「おみやげ」を買ってきてくれる生徒さんたちが多くて、

 

"This is a souvenir!" 

 

と言って、みんなに配ってくれたりします。

 

ここで、この "souvenir" という単語を Longman の辞書で調べれみると、

 

souvenir: an object that you buy or keep to remind yourself of a

 

special occasion or a place you have visited

 

と書かれています。

 

この "souvenir" という単語はフランス語で「思い出す」の意味のようで、

 

実は、"souvenir" は自分の記憶(記念)のために買ったもののことです。

 

では、英語ではどうやって言えばいいのか?

 

"I went to Hawaii last week. This is a present for you."

 

のように、"present" か "gift" を使って言うことができます。

 

また、ハワイに行く人がいて「お土産買ってきてね」であれば、

 

"Can you get me something from Hawaii?"

 

とか言うことができます。よく、旅行とか出張に行くことになっている人に

 

半分冗談で言っている人も多いのでここに書いておきました。(笑)

 

また、「おみやげ」に限らず、なにか「プレゼント」をする時には、日本人

 

は「つまらないものですが」とか言いますが、この「つまらない」は訳さず

 

に言って下さいね。英語ではこう言う習慣がないので、「つまらないもの」を

 

"This is a trifling thing."

 

とか言っても、「なんでtriflingな(つまらない)ものを人にくれるのだろう?」

 

と、意味を成しません。

 

それでも「ちょっとしたもの」のように言いたいのであれば、

 

"Here's a little something for you."

 

とか言って、おみやげやプレゼントを手渡すと良いでしょう。

 

では、また「おみやげ」を楽しみにしています!(笑)

 

KK