Memorial day???

  • 2017.06.25 Sunday
  • 16:35

memorial day

 

みなさん、こんにちは。

 

よく、日本人の英作文とかを見ていると、

 

Today has become a memorial day for me.

 

とかいうのを目にします。

 

「今日は、自分にとって記念に残る日になった。」のようなことを言いたいのだと思います。

 

でも、例えばアメリカの "Memorial Day" って、何の日かご存知ですか?

 

5月の最終月曜日のこの日は、日本語では「戦没将兵記念日」とか「戦没者追悼記念日」と訳されています。

 

あと、よく電車の広告とかで「メモリアルパーク」とか見ませんか?あれも「墓地」のことですよね。

 

代々木の「国立オリンピック記念青少年センター」も、ウェブサイトとかの英語名称は "National Olympics Memorial Youth Center" ですが、略称はNYCとなっています。このことについて、以下に、Wikipedia の説明を抜粋しておきます。

 

(以下、Wikipediaから抜粋)通常はこれ(「国立オリンピック記念青少年センター」)を省略(訳?)して National Olympics Memorial Youth Center としている。ただし英語の memorial が意味するのは「記念」ではなく「追悼」または「故人を偲ぶ」で、この誤訳を指摘された同センターでは英称から Olympics Memorial を省いた National Youth Center を通称とし、その頭文字をとってNYC と表記している。(以上)

 

だから、Today has become a memorial day for me. と聞くと、少し困ってしまいますね。。

 

「思い出に残る日」であれば、"a memorable day" と言うことができます。

 

Today has become a memorable day for me.

 

ただ、なんだかこれも、いかにも「〜になった」という日本語から "has become" と訳している感じで、あまりこういう言い方をするのは聞いた覚えがありません。

 

It was a memorable day (for me) today.

 

こういう言い方の方が、私には自然に聞こえます。

 

あとは、「思い出(記憶)に残る」を訳すことを考えすぎなければ、

 

It was an unforgettable day (for me) today. (忘れられない日)

 

とかも言えると思います。

 

それから、「結婚記念日」であれば "wedding anniversary" と、「創立記念日」であれば "anniversary of foundation" と、「記念日」を "anniversary" と言います。

 

"memorial day" については、確かに、「過去にあった出来事」等については、"Constitution Memorial Day(憲法記念日)" のように、"memorial day" を使ってあるケースもあります。

 

でも、これからみなさんに何か「思い出(記憶)に残る」ような素敵なことがあった時に、そこで "memorial" という単語を使わないように、少なくとも "memorial" という単語には「亡くなった方を偲ぶ」というニュアンスがあることを覚えておいて下さい。

 

では。

 

KK

The taste was good???

  • 2017.05.29 Monday
  • 19:00

taste is good

 

みなさん、こんにちは。

 

これも、結構よく見聞きするのですが、「おいしかった」と言いたい時に

"That taste was good." とか、言っていませんか?

これ、ちょっとヘンですね。
"taste" を使いたいのであれば、"That tasted good." のように動詞として
使ってみましょう。
もっと日常的に言うのであれば、一番簡単でよく使われるのが、
今、食べている時であれば
"This is good." (おいしい)
食べ終わった後であれば、
"That was good." (おいしかった)
ですかね。こんなでとても簡単ですが、正しくてとても自然な言い方です。
日本人は "delicious" という単語も好きですが、こちらもそれほど頻繁には
使われる言葉でないことも、軽く付け加えておきます。
では。
KK

I image...?

  • 2017.05.28 Sunday
  • 16:31

i image

 

こんにちは。

 

日本人が英語で話している時に、結構よく耳にするのが、

 

"I can't image..."

 

とか、

 

"Please image..."

 

というふうに、名詞の image を動詞のように使っていることです。

 

日本語で、

 

「想像(イメージ)できない。」

 

とか、

 

「想像(イメージ)して下さい。」

 

とか言うから、こういう使い方をしてしまうのだと思います。

 

正しくは、image の動詞形は、みなさんもジョンレノンの歌とかで

きっとおなじみの imagine です。

 

"I can't imagine (that)..."

 

とか、

 

"Please imagine (that)..."

 

のように使います。

 

少しだけ注意して、正しく使ってみて下さい。

 

KK

I'm feeling down.

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 19:33

feel down

 

こんにちは。

 

今日の英文日記のクラスで、海外とやりとりしている生徒さんがまだ英語に

自信がなくて、"I have a heavy heart." と書いていました。

 

ちょっと意味がわからなくて、日本語で何と言いたかったのか聞いたところ、

「気が重い」と言いたかったようです。

 

"I have a heavy heart." というと、私には "I'm sad." のように聞こえます。

 

「気が重い」であれば、"I'm depressed." ではこのケースは少し大げさかな

とも思うので、"I'm feeling down." あたりが良いのではないでしょうか。

 

I'm feeling down. (気が重い)

 

日記を書いた生徒さんには、是非、元気に英語を勉強して欲しいです。

 

では。

 

KK

I and he...

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 16:53

I and he...

 

みなさんこんにちは。

 

まずは、以下の文を読んで下さい。

 

I and he went to the same high school.

 

これ、どんな風に聞こえますか?

 

私には、

 

I (am more important than he) and he...

 

のように聞こえます。少し、おおげさにいいましたが。。

 

文法的に間違いとかではないのですが、順番的には以下のようになると思います。

 

You (2人称:今、自分の目の前にいて話している人)

 

He, She, They, John (3人称:自分でも話している相手でもない人)

 

I (1人称:つまり、自分自身)

 

つまり、

 

You and he...

 

You and I...

 

He and I...

 

You, he and I...

 

といった語順が良いと思います。

 

まずは、直接話している You に敬意をこめて一番最初に。

 

そして、別の人(3人称)よりも自分を後に言って謙譲の意味を出す。

 

結構、"I and my wife went out for dinner." のようなのを見聞きしますが、

マナーというか、やはり上の順番で言った方がスマートに聞こえると思います。

 

KK

You have the wrong number.

  • 2017.05.08 Monday
  • 17:53

wrong number

 

こんにちは。

 

"You have the wrong number."

 

この意味、わかりますよね?

 

そうです「間違い電話ですよ。」です。

 

この "wrong ---" というのは、いろんなところで使えます。

 

たとえば「電車を間違えてしまった。」とかでも、これも間違いやすいことなのですが、動詞の "mistake" を誤って使って、

 

"I mistook the train." とか言ってしまう人も多いと思いますが(これは間違いですよ)、

 

"I took the wrong train." とか "I got on the wrong train." と言えば良いのです。

 

KK(私)のクラスを履修して後悔している時にも(この状況設定は冗談ですよ 笑)、

 

"I took the wrong class." (とるクラスを間違えてしまった。)で良いのです。

 

いかがでしょうか。「〜を間違えた」と言いたい時に、是非、ご参考になさって下さい。

 

KK

What's happen???

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 15:50

whats happen

 

本日はゴールデンウィークの中日ですが、結構、お休みの方も多いと思います。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、まさかと思う方でも、もしかすると間違って言っているかもしれないくらいに聞くのがこれです。

 

(×)What's happen? 

 

もしも What's が What is の contraction (縮約形)だとしたら、be動詞の is と、一般動詞の happen が一緒に登場してしまっていてダメですね。

 

そして What's が What has の contraction だとしても、has の後には happen を happened と過去分詞にして、has happened と、現在完了形の形にしなければいけません。

 

では、どう言ったら良いのか。

 

What happened?

 

と、happen の過去形を置くか、

 

What has happened?

 

と、上にも説明したように、現在完了形を置くことになります。

 

細かいことを言えば、,鷲當未鵬燭起きたのか聞いていて、△両豺腓砲狼こったことの影響が今も続いて残っている場合ということになると思います。

 

でも、いちいち考えずに使うなら、まずは「何があったの?」と過去形にして What happened? が簡単ですし十分だと思います。

 

(×)What's happen?

 

まさかと思うあなたも、とっさの時にこう言ってしまっていないか、気を付けてみましょうね。

 

では、ゴールデンウィークの残りをお楽しみ下さい。

 

KK

The Movies

  • 2017.04.30 Sunday
  • 19:24

the movies

 

既にゴールデンウィーク中ですが、今日はどんな日曜日でしたか。

 

さて、中学校の英語の教科書でも "Let's go to the movies!" のように、冠詞の "the" がついて、"movies" と複数形になっていることにお気づきでしょうか?

 

これ、どうしてか分かりますか?

 

実は、"the movies" で「映画館」という意味になるのです。

 

これについて、映画館では複数の映画が上映されているとか、アメリカでは昔は1回にふたつの映画を上映したとか、いろいろな説明を見つけることができます。

 

でも、使ってるネイティブもおそらくそこまでいちいち考えずに使っていると思います。

 

繰り返しますが、"the movies" で「映画館」の意味になるのだくらいで十分でしょう。

 

よく、"Let's go to a movie." とか "Let's go see a movie!" のように単数形になると「ひとつの映画」を観に行くという意味だとか、これもいろいろ説明がありますが、頻度的には、"Let's go to the movies!" の方をかなり多く見聞きするように思います。

 

"Let's go to the movies!" とか、"I went to the movies." のように、あまり考え過ぎずに、"go to the movies" を受け入れて使ってしまいましょう。

 

ゴールデンウィーク中は、映画館は混むのでしょうかね?

 

では。

 

KK

A Lunch?

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 15:21

a lunch

 

こんにちは。

 

私は、今日のお昼は表参道の立吉で餃子セットを食べました。

 

そこでというわけでもないのですが、よく以下のような英語を見聞きします。

 

I had a lunch with Yoko. 

 

どこが間違いかわかりますか?

 

実は、breakfast, lunch, supper, dinner は、普通は数えられない名詞なのです。

 

正しくは、

 

I had lunch with Yoko. (ヨウコとランチを食べた)

 

のようになります。

 

但し、以下のような場合もありますので、ご覧下さい。

 

I had a late breakfast today. (今日は遅い朝食を食べた)

We had a big lunch. (昼食をたくさん食べた)
That was a delicious dinner. (美味しいディナーでした ≒ ごちそうさまでした)
以上のように、breakfast, lunch, supper, dinner の前に形容詞が来ると、"a" を付けて言うことになります。
その他、特別なケースとして、パッケージツアーを団体予約する時に、何人分の食事が必要ということであれば、
We would like nine lunches. (昼食が9人分欲しい)
のように言うこともあります。
あとは、大食漢の友達のことを冗談ぽく言うなら、
He ate three breakfasts. (ヤツは朝食を3食たべた)
とかもありですかね。
でも、普通は breakfast, lunch, supper, dinner は数えられない名詞だと覚えておきましょ。
ところで、
I eat three meals a day. (1日に3食たべる)
のように、"meal" という単語は数えられる名詞として使います。
おわかりいただけましたか。
では。
KK

Muscle Pain?

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 15:10

muscle pain

 

みなさん、こんにちは。

 

来週はゴールデンウィークになりますが、アウトドアでスポーツとか予定されている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、よく「筋肉痛がする」と言いたいのを "I have muscle pain." というのを見聞きします。

 

これで伝わると思いますが、知人のネイティブとか、これを言っているのを聞いた覚えが、少なくとも私にはありません。

 

よく聞くのが、"My muscles are sore." で、注意が必要なのは "muscles" と複数形になっていることでしょうか。

 

この他、あえて "muscles" を使わずに、"My legs are sore." とかも聞きますね。

 

「筋肉痛」という日本語にこだわらずに、"My --- is/are sore." と言えば、だいたい身体のその部分の筋肉が痛いという意味として伝わると思います。

 

似た例としては、「骨を折る」というのも、例えばわざわざ "I broke the bone of my leg." とか言わずに、"I broke my leg." と言うだけでOKです。

 

この場合にも、"I broke my ---." のかたちで骨が折れてしまった身体の部分を言えば伝わります。

 

それでは、ゴールデンウィーク、あんまり張り切り過ぎで、筋肉痛ならまだですが、どこか骨折とかしないようにお気をつけて。

 

KK