quotation marks (引用符)

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 17:42

quotation mark

 

こんにちは。

 

FORWARDでは、下の写真のように、まだ、先週末に開かれたフェスティバルの余韻が冷めやらぬ状態ですが。。

 

FESTIVAL

 

たとえば、日記のクラスでの生徒さんの日記の中や、プロジェクトワークのクラスの生徒さんのポストとかで、映画のタイトルとかに quotation marks (引用符)が使われていることがよくあります。

 

e.g.

 

We are going to play "Mamma Mia!" のようにです。

 

日本人が英語で何かを書く特に、タイトルとかを強調しようとしてこうしてしまうことがよくあると思いますが、この例を含めて、quotation marks が使われるべきケースではないことが多いです。

 

まずは、「引用符」というくらいですから、もちろん、誰かが言ったことを、学校で習った「直接話法」を使って書く時には使います。

 

Mr. Ishiwata said, "You should take KK's Diary class." のようにです。

 

では、映画のタイトルはどうかというと、普通は quotation marks でくくるものではありません。

 

この他にも、quotation marks を付けてしまいがちで、実はいらないものの例としては、

 

映画やドラマのタイトル、本や雑誌や新聞紙のタイトル、CDや昔のレコードのアルバムのタイトルがあります。

 

以上のような、一本、一冊、一枚の単体となっているタイトルには、普通は quotation marks はつけません。単体の本体だと考えると分かりやすいかと思います。

 

これらは通常、イタリックにするか、アンダーラインを引くかして、前置詞や冠詞は一番最初の単語と一番最後の単語以外は小文字から始めて、それ以外の単語は大文字から始めるようにして書きます。

 

e.g.

 

Star Wars                       または、 Star Wars  (映画のタイトル)

 

Lord of the Rings              または、 Lord of the Rings (映画のタイトル)

 

Daddy Long Legs              または、 Daddy Long Legs (本のタイトル)

 

The New York Times          または、 The New York Times (新聞紙のタイトル)

 

Help!                              または、 Help! (レコードのアルバムのタイトル)

 

そして、それよりも小さな単位となる、本の chapter(章)や雑誌の article(記事)、CDやレコードのアルバムに収録されている一曲一曲等については quotation marks をつけることになります。一つ一つの部品みたいに考えるとわかりやすいかもしれませんね。

 

e.g.

 

"Japan Beat South Africa in Greatest Rugby World Cup" (記事)

 

"Yesterday" (曲名)

そして、やっかいなのは、Facebookを使った日記の投稿やクラスページでのポストでは、イタリックにすることもアンダーラインにすることもできないことです。
その場合には、仕方ありませんから、
We are going to play the drama Murder on the Orient Express.
I read the novel Daddy Long Legs.
のように、quotation marks は付けずに、一番最初と一番最後の単語の前置詞と冠詞以外は大文字で始めて書くことになりますね。
以上、quotation marks をいつつかうのか、他にもいろいろなケースがありますが、まずはドラマ・プレゼンテーション等のストーリーのタイトルには、普通は quotation marks は使わないということを知っておいて下さい。
KK
コメント
コメントする