Suspicious, ...

  • 2018.02.12 Monday
  • 14:18

suspicious

 

こんにちは。

 

再び、FORWARD の必修科目 ALL 使用教材、Disney Zootopia からの抜粋です。

 

Suspicious, she followed him.

 

といったように、この文はいきなり形容詞の Suspicious から始まっています。

 

理解の仕方としては、「誰か」が Suspicious (何かを疑っている)である「状態」をイメージして先に進むと、she followed him. つまり、she (警官のウサちゃん Judy) が、him (キツネの Nick) を疑って、彼の後をつけたのだということが分かります。

 

高校生の時に「分詞構文」を勉強したと思いますが、この「分詞」というのは「形容詞」のことで、同じ考え方ができます。

 

文章が「現在分詞 (-ing)」や「過去分詞 (p.p.)」で始まった時には、高校では呪文のように「時に、ので、ならば、だけれども、して、ながら」と覚えさせられました。

 

これは「〜した時に」「〜なので」「〜ならば」「〜だけれども」「〜して」「〜しながら」のどれにあてはまるのかを判断して和訳することができるという呪文だったのです。

 

当時は、英語の勉強すなわち、英文法と英文和訳のことのような時代でしたが、今の時代では、やはり「分詞(形容詞)」のとらえ方として、「誰か(何か)」が「ある状態」にあることをイメージして、あとはその後につづく言葉を追いかければ良いと思います。

 

同じ Zootopia の本の中に、次のような文もあります。

 

Grumbling, the shop owner handed over a Jumbo-pop.

 

これも、「誰か」が Grumbling (ブツブツいっている「状態」) をイメージして先に進むと、the shop owner のゾウさんが  (ブツブツ言いながら) handed over a Jumbo-pop. (大きなポップアイスを手渡した)という風に理解できます。

 

文章がいきなり形容詞(現在分詞や過去分詞を含む)で始まったときには、「誰か(何か)」が「そういう状態」なのだということを想像して、後はそれに続く言葉を追って下さい。

 

日本語に訳すのが目的でなければ、これだけで十分に内容が理解できるハズです。

 

Seeing Mr. Ishiwata, he ran away.

 

「誰か」が Seeing Mr. Ishiwata (石渡先生を見ている(見た)「状態」) を想像して先を読むと、he ran away. つまり「彼は石渡先生を見て逃げた。」というのが日本語での意味になります。彼はいったい何をしていたのでしょうね?

 

過去分詞(受動態)でもひとつ。意味が受け身になることに注意。

 

Hit by Midori, Ryan started crying.

 

「誰か」がミドリちゃんに叩かれた「(受け身の)状態」を想像して先を読むと。。。

 

後は、ご想像におまかせします。もう分かりましたよね。(笑)

 

KK

コメント
コメントする