Revenge?!

  • 2018.04.07 Saturday
  • 08:11

revenge

 

みなさん、おはようございます。

 

今朝もNHKの朝の番組の中で、魚釣りに挑戦(チャレンジ?)して一匹も捕まえられなかった女性レポーターが、「またリベンジします。」のようなことを言っていました。

 

日本語としてなら良いのですが、先ずはこの「チャレンジ」するというのも、

 

"I challenged fishing."

 

とか言いがちなのですが、

 

"I tried fishing."

 

とか言うべきでしょう。「チャレンジ」については、以前のブログで振れていますのでそちらをお読み下さい。

 

http://keiichikato.jugem.jp/?eid=159

 

さて、「リベンジ」の方ですが、revenge の中にある venge という古語に、「仕返し」「復習」「報復」のような、やられた相手に対する「恨みつらみ」の含まれた怖〜い意味があるのです。

 

ですから、ここでも「またリベンジします。」というのを

 

"I will revenge!"

 

とか、

 

"I will revenge again!"

 

とか言うと、英語としては ?! (何それ?)といった感じになってしまいます。

 

ここでも、

 

"I will try it again."

 

"I will give it another try."

 

くらいが妥当かと思います。

 

大方の日本人の使っている「チャレンジ」も「リベンジ」も、超単純化すれば、「チャレンジ」は try 「リベンジ」は try again とか give it another try のように、大体は try で解決するのではないでしょうか?

 

日本語の中でカタカナとしては意味をなしても、そのまま英語では使えない表現がたくさんあります。

 

どうして違う意味でカタカナ語を作ってしまうのでしょうね?

 

もともとの日本語で言っていれば、英語では意味をなさないカタカナ語から訳して間違った英語を話すことを避けられると思うのですが。。

 

KK

 

コメント
コメントする