A = B / A → B (基本五文型?)

  • 2018.04.22 Sunday
  • 10:38

a=b

 

おはようございます。

 

昨日は、英語は基本的には次の2つのパターンで構成されるというお話しをしました。

 

A = B

 

A → B

 

今日は、中高の授業できっと習っている基本五文型について、上の,鉢△里佞燭弔里たちで説明してしまいましょう。

 

第喫厳 ( S + V)

 

I walk. [ A → ] ( B はありません)

 

第曲厳 ( S + V + C )

 

I am fine. [ A = B ] ( 補語 B が形容詞のケース)

 

I am a student. [ A = B ] ( 補語 B が名詞のケース)

 

第景厳 ( S + V + O )

 

I love you. [ A → B ] ( B が目的語)

 

第己厳 ( S + V + O1 + O2 )

 

I gave him a pen. [ A → B1 → B2 ] ( B1「誰に(何に)」と B2「何を」の二つの目的語)

 

第絞厳 ( S + V + O + C )

 

You make me happy. [ A → B (=) C ]

 

どうですか。

 

もちろん、動詞の否定形もありますし、時制も変化しますが、基本的には,鉢△侶舛農睫世任てしまうのです。

 

あとは、修飾語句を使って、追加説明を加えていくことになります。

 

たとえば上記の第己厳

 

I gave him a pen.

 

で、"a pen" を先に言ってしまった場合には

 

I gave a pen. [ A → B ]

 

つまり、S + V + O の第景厳燭砲覆蝓

 

※ ちなみにこの文はこれだけでは意味をなしませんが。。

 

これに "to him" (修飾語句)をつけて

 

I gave a pen to him. [ A → B (+ M: 修飾語句)]

 

※ これもなんだか不自然な英語ですね。。

 

となります。

 

その他、There is / are 〜 の形もありますが、

 

There is a pen on the desk.

 

であれば、

 

A pen is on the desk. [ A = B ]

 

の変形のようなものです。

 

別の見方としては

 

A pen is there.  [A = B ](ぺンは「そこ」にあります)

 

Where? (「そこ」ってどこ?)

 

On the desk. (机の上です)

 

といった感じで、このふたつを合わせて

 

There is a pen (「そこ」にペンがあります) on the desk. (机の上に)

 

のように考えると理解しやすいのではないでしょうか。

 

"A pen is there." でも "There is a pen." でも a pen = there か there = a pen かの違いで、結局、同じことです。

 

まあ、ここまで考えすぎずに、

 

A = B

 

A → B

 

このふたつだけを意識してみると、英語は本当にシンプルな構造であることが分かると思います。

 

Have a wonderful Sunday,

 

KK

 

 

コメント
コメントする