ァニファゥンコ?

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 07:02

ァニファゥンコ

 

こんにちは。

 

前回の "I caught you." が「アィカチャ」と聞こえて意味が分からなかった

 

お話しに続いて、今日も「ァニファゥンコ?」と聞こえて全然意味が分からな

 

かったお話しです。

 

東京松本英語専門学校で、見習い講師のように働いていた1年目のことです。

 

クラスからオフィスに戻って来た、オーストラリア出身のネイティブ講師が、

 

"ァニファゥンコ?"(こんな感じに聞こえました)

 

。。。

 

さて、これ、何と言ったのか分かりますか?

 

正解は、

 

"Any phone call?"

 

つまり自分に電話がなかったか?と聞いたのです。

 

正直、何を言っているのか全く分かりませんでした。

 

イギリスの一部やオーストラリアの訛りで、みなさんがよくご存知なのは、

 

"Good day, mate!"

 

が「グダィマィト」のように聞こえることではないでしょうか。

 

"day" /déɪ/ と "mate" /méɪt/ の /éɪ/ (エィ)の音が /άɪ/(アィ)と発音

 

されるとこういう風に聞こえるわけです。

 

もう一つ大きな特徴としては、"phone" /ˈfoʊn/ や "over" /òʊvɚ/ の /oʊ/

 

(オゥ)の音が、/fˈəʊn/ や /ˈəʊvə/ のように /əʊ/ (ァゥ)と発音されます。

 

あとはそれぞれの地域の訛りのようなものもあると思いますが、

 

"Any phone call?" /éni ˈfoʊn kˈɔːl/

 

これが

 

/ˈɛnɪ fˈəʊn kɔːɫ/ (「ァニファゥンコ?」のように聞こえた)

 

と、イギリス英語やオーストラリア英語の訛りだとこう聞こえてしまうのです。

 

"over" と "call" の語尾の発音記号を見ていただくとわかるかもしれませんが、

 

"over" では "r" の音がなかったり、"call" では "l" の音が違っていたりもします。

 

自分が英語を教えてもらった先生は北米出身の人が多かったので、慣れるまでは、

 

時々、この先生の英語がなんだかよく分かりませんでした。

 

それでも意識して練習すると、いろいろな訛りのクセに慣れて分かるようになります。

 

これもまた英語学習の楽しみというか、英語で話す相手が増えるとそれぞれの人たち

 

の話す訛りが分かるようになっていくこともなかなか面白いです。

 

KK

コメント
コメントする