Suspicious, ...

  • 2018.06.22 Friday
  • 11:47

suspicious

 

みなさん、こんにちは。

 

今日は FORWARD の必修科目のひとつ、ALL で使用している教材 Zootpia に出てくる

 

英語についてです。

 

"Judy was writing parking tickets when she saw a fox entering Jumbeaux's Cafe."

 

主役の新任お巡りさんであるウサギの Judy が、駐車違反の切符を書いていると、

 

一匹のキツネが Jumbeaux's Cafe(ゾウが経営しているカフェ)に入っていきます。

 

そこで、

 

"Suspicious, she followed him."

 

と、続きます。

 

いきなり、形容詞の "Suspicious" で始まっていますね。。

 

以前、ポストをしたことがありますが、高校で「分詞構文」のお勉強をされたハズです。

 

文が「現在分詞 (-ing)」か「過去分詞 (p.p.)」で始まるあのケースですが、「分詞」と

 

いうのは実は「形容詞」のことなのです。

 

そして、文の始めが「現在分詞」であろうが「過去分詞」であろうが「形容詞」であろうが、

 

「誰か(何か)」がそういう状態、ここでは "Suspicious"(疑いを持った状態)だったと思

 

って先に進むと、"she followed him." (彼女は彼の後をつけた)ということになります。

 

頭の中では、「誰かが何かに疑いを持った」状態をイメージして、先に進むと「彼女は彼の後

 

をつけた」となっています。つまり、「疑いを持った彼女は彼の後をつけた」のです。

 

高校では、分詞構文を和訳して理解するために「時に、ので、ならば、だけれども、して、

 

ながら」と呪文のように覚えて、どの訳がぴったりくるのかあてはめていましたが、これは

 

英語で理解してしまうなら、こんなに簡単なことなのです。

 

高校では、さらにこのケースでは、形容詞 "Suspicious" の前に "Being" が省略されている

 

とかまで習いますが、そこまで複雑に考える必要もないのにと思います。。

 

文の始めにいきなり「形容詞」や「現在分詞」や「過去分詞」が来たら「誰か(何か)」が

 

そういう状態なのだと思って、その先に進んでみて下さい。きっと簡単に理解できますよ。

 

KK

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM